IT系インフラエンジニアのつぶやき

はじめまして! IT インフラ関連のエンジニアをしております。 ブログでは役立つ雑記という形で皆様の為になる情報をたくさん配信していきます。 こういう情報が欲しいやあなたのブログ見づらい、こうした方がいいよといったコメントもお待ちしております。

新時代の財務諸表では計上できない資産

皆さんは財務諸表で計上できない資産というと詳しい方ならのれんが思い浮かぶのでは無いでしょうか。

これまでは企業価値は財務諸表から読み取ったこととそれに基づく予測によって企業価値が計算され株式市場で会社の切り売りがなされておりました。

 


情報革命の昨今、のれんだけではなくまた新しくも強力で計測不能な資産が誕生しました。

それは「情報」です。

 


2014年、Facebookは年商20億円しかないメッセンジャーアプリ「What`sApp」を2兆円で買収しました。

この買収を財務諸表の観点から捉えようとしても本質を見ることはできません。

 


Facebook率いるマーク・ザッカーバーグが目を付けたのは世界4億人のコミュニケーションを支えるWhat`sAppのインフラです。

 


What`sAppが持つユーザーとその属性情報はFacebookからすれば金鉱で、少しテコ入れすれば資本へ簡単に変換することが可能です。

 


他のITジャイアントであるAmazonGoogleAppleも同様でこれらの企業はプラットフォーマーとして検索エンジンスマートフォンYoutubeなどから収集したユーザー情報を蓄積しており広告システムから好きなように収益をあげることができます。

 


財務諸表ではこのようなコンピューターに蓄積されたデータを資産として計上することは今後も不可能です。

 


銀行は貨幣、不動産会社は不動産、証券会社は証券という資産を扱い商売をしておりましたが、IT企業は情報を資産として扱っております。

 


今や米国の巨大IT企業が世界中を食い荒らし、世界各地でIT企業が既存のビジネスモデルを変えて市場を侵食している状況です。

 


既存市場に侵食してきているIT企業に対抗する為にも情報をどのように収集し、活用するのかを検討していく必要があるでしょう。

マーケティングとは何か

マーケティング誕生の背景】
本格的に今のマーケティングが世の中に定着したのは第二次世界大戦後の米国と言われております。
モノが不足する時代からモノが余る時代となり、いかに自分の商品やサービスを世の人々に知らせるかが大切になったことが原点となります。

それに伴い、テレビ、ラジオ、新聞、郵便ダイレクトメール、店舗での告知等で知ってもらう努力が行われました。
それによりマーケティング手法が学問的に体系化され、マーケティング学となり世の中に認知されました。

マーケティングとは】
一言で言うと、商品やサービスを売れるようにする、更に切り込めば利益をより多く計上させる為の総合的な取り組み自体を表します。
商売の直接的なニーズから誕生した下記の目的を達成することです。
・商品やサービスを知ってもらう
・商品やサービスを買ってもらう
・会社、事業として儲ける
・資金を効率的に使用する

世の中の事業をされている個人や法人の方は、少なからず自分達の商品やサービスをもっと売れるようにするにはどうしたら良いのか考えたことがあることかと存じます。
より少ない費用で売り上げや販売数量を上げ、利益を上げていくのにあたり専門家に依頼するにも自身で試行錯誤するにもまずはマーケティングの基本的な概念や手法を理解することは必須であると私は考えております。

それぞれのビジネスモデルは別の人間が携わっている限り、同じことをしているようで同じものは何一つありません、定量的な観点から言っても、立地や顧客等の商売上の条件も全て異なる中で商売するのですから当然です。

マーケティングはいかに経験豊富で優秀な専門家が行っても結果成功となることは依頼者との信頼関係やそれから始まる情報提供や連携プレーがなければありえ無いからです。

ブログという形式で少しでもマーケティングを理解し、どういったことが必要となるのかを理解した上で満足できる結果を誰もが実現する一助となれれば幸甚です。

ITの進歩とマーケティングの変化

本記事では、今までのITによるマーケティングの進化と今後についての考察と予測を記載しています。

近年、マーケティングの手法が飛躍的に進化してきています。
WEBサイトを持っていない店舗や企業の方が少ないくらいの時代となり、WEBサイトの訪問者数であるPV(ページビュー)といった今までにない指標に限らず様々な媒体や指標がITの進歩と共に出現してきております。

今や完全にTVや新聞などを中心としたマスメディアの時代は終わり、ネットの時代へと突入しました。

マーケティングの世界におけるこれまでの消費者の購買プロセスも、下記のように移り変わりました。
【マスメディア時代】
AIDMA(アイドマ)
注目→興味→欲求→記憶→購入
【ネット時代】
AISAS(アイサス)
注目→興味→検索→購入→共有

今までは特定のマーケティング施策を実施するにも結果の効果測定を行うにも膨大な作業と時間が必要でした。
しかし、今ではアプローチする顧客リストやその購買履歴などを収集するにも分析するにもExcelなど簡易なツールだけでデータの記録から抽出や分析まで手軽に行うことができます。

主には下記の2点がITの進化によるマーケティングの恩恵と言えるでしょう。
・機能、技術の進化
・コスト低下

2010年頃までは大量のデータを蓄積や分析するサーバーは高額な料金を支払って自社またはデーターセンターで保有しておりましたが今ではクラウド化され保有する必要がなくなりました。サーバーの機能が切り売りされ、資金に余裕の無い中小企業でも大企業と比肩するサーバーを保有してシステムを持つこともできるようになりました。

マーケティングだけでなく大企業がこれまで何十億と支払って構築してきたITシステムとほぼ同じような機能、性能の携えたITシステムが手に入る時代なのです。

また、マーケティング施策の仮説を立てる際に必要なデータもスマートフォンを始めとした様々なデバイスの誕生とデータベースの高機能化により簡単に収集して分析することが可能です。

しかしながら、まだまだマーケティングの専門知識、経験を持つ人間の援助がなければツールを適切に使いこなしたり、そもそも効果的な測定や解析は現実的では無いでしょう。
では次に今後のマーケティングの変化を見て行きましょう。

【今後のマーケティングの変化予測】
今後は、マーケティングにおける基本的なフローである下記のステップはAI(人工知能)によって人間の実行するステップが限りなく縮小されていくことでしょう。
1. 環境分析・・・世の中の状況を理解する
2. 戦略立案・・・どのターゲットに何を買ってもらうのか絞り込む
3. 施策立案・・・誰が何のアクションをするのか整理する
4. 施策実行・・・計画した施策を実行し、見える化する
5. 分析・改善・・・結果を分析し、改善する

現段階の物理世界におけるムリ、ムダ、ムラ、不快といった言葉で表される摩擦が無くなり、本来為すべき事に集中できるようになります。
論理的に正解を追求していく分野である最適化の世界は、既に世に出ている商品やサービスをより多く拡充する販売促進施策やチャネル拡大施策はAIとそのアルゴリズムによって完全に置き換えられるでしょう。

つまりは今後は人間がマーケティングできる領域はデータ化可能な過去の延長による未来の需要ではなく、非線形の全くこれまでと異なった需要を全く別のジャンルから組み合わせたり、創造していくことが大変重要になることだと考えております。
具体的にはマーケティングの対象となるターゲットにより近い位置にいて、主体的にどんな需要があるのか考えて創造するといったところでしょうか。

今後はクライアントとそのターゲットである顧客双方の状況を理解でき、一定のマーケティング専門知識と経験を備えたマーケターが必要となることでしょう。

これは凄い!技術発展の功罪

 

技術の発展による今後の人類は文明について所感をまとめました。

特段オチは無いのですが心が躍るであろう内容もあり、看過していたリスクについても言及してますので楽しんで頂ければ幸甚です。

文明の発展の鉄則として、贅沢品は必需品となり、新たな義務を生じさせるとある。

人はある贅沢品になれるとそれがあるのが当たり前となり、それ無しには生きられない。

技術の進展によって誕生した身近な例ではスマートフォンが贅沢品の一つではないでしょうか?

過去数十年に、洗濯機などの白物家電や電子レンジなどの褐色家電、掃除機、電話、携帯電話、電子メールなど、時間を節約して人生にゆとりをもたらすはずの物、手段を手に入れました。

しかしながら、過去と比べて大変忙しなく窮屈になっていないでしょうか?

昔は手紙も頻繁にやり取りするものでもありませんが、今はリアルタイムにメールもラインも届きますし、返信する事を求められます。

つまりは技術の進展というのは監獄なのかも知れません、しかし活用の仕方次第では自分の本当にやるべき事に真の生産性を高めることに繋がるかも知れません。

ほぼ同じ技術を持つアメリカとロシア、北朝鮮と韓国のように、同じような技術でも様相は様変わりします。

今後、情報革命に続き、人工知能から派生したこれまでにない産業大革命が起ころうとしています。

人工知能はブームが過ぎたとして、今は宇宙開発が進み、入植可能な星を見つけ人類は初めてどこかで地球外生命体に出会うことになると考えられます。

大航海時代のように植民地化による残忍な行為は近代の道徳観念では起こらないと思いますが、地球の外に住むようになればまた今までとは全くことなる文明が始まると思うと大変楽しみです。

 

曖昧な日本人の意思疎通

日本人ははっきりと話さない、曖昧な表現が多いという話は良く外国から見た日本としてよく聞く話でしょう。

個人差はあれど、外国語を学ぶ際にも、果ては日本人同士であっても正確な意思疎通を阻む原因となる大きな要因があります。

まず、日本語という言語がどのように曖昧なのか見ていきましょう。

例文
私は渋谷と新宿と六本木、あと横浜も行ってみたいんだよね〜

えーと渋谷と新宿とどこだっけ?

こんな経験はありませんか?

これが英語なら、
I wanna go to shibuya, shinjuku, roppongi and yokohama.

と大変明確です。

このように日本語では名詞の後に動詞が来ており、英語よりも聞き返しが発生する事が多く大変理解し難い特性を持っています。

挙げ句の果てに主語が抜ける事も多く、明瞭性に欠けます。

簡単な会話に一工夫入れないと正確にコミュニケーションが取れない構造となっております。

日本語の複雑性に負けず劣らず、日本ではお互いが近しい関係である事を基準としたコミュニケーションが取られております。

その最大の原因は、結論なしで意思疎通を完結させる事が多いことでしょう。

例えるならば、病欠の連絡を会社にする場合にも、以下のように始める事でしょう。

例文
発熱しており体調が優れない為、本日はお休みさせて下さい。

英語なら、Can I take a dayoff today because I have a fever?

このように原因から話し始めて最後に結論がくる構造となっております。

英語ですと最初に結論から入り、原因の説明はその後となります。

この原因を話す段階で会話が完了する事も日本語では多いのではないでしょうか?

原因や背景の説明で意思疎通が取れるという事は、多くの場合相手の性格や状況の周辺知識があることが前提となります。

単一民族、単一文化の同質化社会、おまけに古くから続く農村文化の強い日本ではこれで意思疎通を取る事が出来ても、欧米のような多様性のある国家では結論無しでは決して意思疎通を取る事は出来ません。

結論なしでの意思疎通がまかり通るという事は、感覚的に近い人間以外との接触を好まない事の裏返しにもなります。

余談ですが、関西の方はオチをしっかり付ける為、話が理解しやすいと思ってます。

都としての歴史が長く、様々な人間の流動性が高かったからでしょう。

結論を付けることは日本人が外国語を学ぶ際に注意すべき事でしょう。

メールを整理して業務効率3倍!?

みなさんは仕事をしている中でパソコンに入っているソフトで何が一番重要ですか?
おそらく大部分の方がメールソフトとおっしゃるかと思います。

代表的なソフトとしては Outlook 等のメーラー (メールソフト) は、報告、連絡、指示、資料の受け渡し、予定管理など様々な重要タスクを受け持ってくれております。

メールを素早く効率的に処理することこそ業務効率化でかなり重要な位置を占めていると容易に考えられます。
最初の記事で情報整理の基本的な考え方はご理解いただいていることと思いますのでこちらではメールを使用する上での具体的な効率化についてご紹介させていただきます。

ぜひみなさんのお仕事の生産性を大きく向上する一助となりますと幸いです。


まずはメールを整理する上で基本となる考え方からご紹介し、その後具体的な設定についてご紹介します。


メールを手際よく処理していく

受信したメールは全て重要度、緊急性は異なります。

・すぐに返信が必要
・処理や対応に時間と手間がかかる
・添付ファイルとして資料、画像が添付されている
・情報の共有のための CC メール

これらのメールを感覚的に処理すると大混乱となってしまいます。
どのメールが重要なのかわからない、どこから処理したのかわからない状態は避けましょう。
これはミスや対応の遅延につながり、クレームなどのトラブルの元となります。

添付ファイルがついているメールは添付されている資料や画像がしっかりと表示されるのかくらいはすぐに確認しましょう。

時間が経過してから開いて正常に表示されませんと返信すると今まで何やっていたんだとクレームにつながったりとトラブルの元となります (私の職場でこのようなクレームが数回発生しました、私も当事者です (笑))。


受信箱を空に!?それだけで3倍速!?

メールソフトには業務でメールを使用するのにあたり受信したメールの処理を効率化するために様々な機能がついております。

・開いていないメールを見分けられる「未読マーク」機能
・「フラグ」や「スター」などのメールにマークをつける機能
・「フォルダ」や「ラベル」など、メールを仕分けるためのルール

このような機能がついていても上手に管理している人は几帳面な人ぐらいかと思います。
しかしこの方法ではかなり神経をメールに取られてしまい少々ストレスもたまるものです。
これらの機能だけでうまく管理している人も効率的かというと不満も多いいことでしょう。

実はかなり意外で簡単な方法でメール処理を劇的に改善できます!
それは、、、「受信箱を空にする」方法です!

何言ってんだろうと思われる方も多いかと思いますので、この方法の有用性を解説します。

受信したメールの処理が煩雑で混沌とした状態になってしまっている最大の原因は既読メールと未読メールの混在です。

目的のメールを探すのに時間がかかったり、画面に余計な情報が表示されている状態自体が困りものです。
処理が終わったメールはどんどん受信箱から移動するなり、削除するなりしましょう。
受信箱を空にすることはできなくても残るのは未読メールのみとなりますので格段に処理が楽になります。

受信箱を空に保つ4つの習慣

1. 3、5分で処理可能なメールはすぐに返信して保管する
2. すぐに対応できないメールは承知した旨を返信して EvernoteOnenote などに転送して保管する
3. 情報共有のための CC メールなどは「後で読むリスト」に保管
4. 添付ファイルは用途がはっきりしたものをダウンロードして、プロジェクトフォルダに仕分ける。いずれは必要になる可能性があるファイルはそのまま保管して必要な際にダウンロードする。

2 の方法については、すぐに処理できないメールはそのままメモ機能のある EvernoteOnenote などや ToDo 管理機能のある Nozbe や Google タスクに転送 (保管) すると良いでしょう。

それぞれメールを転送するために機能があるものとないものがありますのでご注意ください (Google タスクと Onenote には現状はありません) 。

たとえば必要になることが明確な情報が記載されているメール

例.
業務で使用する資料の場所、新しい業務運用マニュアルなど

ならなおさら転送 (保管) することを推奨します。メモ機能のあるツールにそのまま保存することによってメールの不要な情報を削除して自分専用の業務マニュアルが作成できます。

Evernote などメールを転送して添付ファイルもそのままに保存することができるツールは転送専用のメールアドレスがありそのメールアドレスにメールを転送するとアーカイブすることが可能です。

EvernoteOnenote などのツールには後から参照する必要が生じる可能性のあるスレッドをメールの本文などはそのままにアーカイブするのも良いでしょう。

スレッドとは、特定の人とメールをやり取りした文章です。

その他にもにもこういったツールには様々な便利な使い道がありますが、メールでよく返信する内容や書式などの文面を保存してメール作成を高速化することも可能です。

ML (メーリングリスト) で送信されてくるメールについては専用のフォルダを作成してそのフォルダに振り分けられるように設定しましょう。

具体的には自分の所属するチーム宛のメールや会社宛のメールのことです。


豆知識~本文の URL が表示されない~

メールで URL を送ることは多いかと思います。URL から WEB サイトに正常にアクセスされないこともあるかと思いますが、URL を短縮してくれるサービスがあります。それを使用すると文字数を削減できるのに加えサイトが表示されないといったトラブルを回避することができます。

代表的なサービスは以下となります。

・bitly
https://bitly.com

Google URL shortener
https://goo.gl


自動振り分け (仕分け機能)

メールソフトには「自動振り分け」という機能があり、これは業務でメールを使用する際に絶対的な基本となるところですよね。これは条件 (ルール) を決めて設定をすると自動的に自分の意図した通りに指定したフォルダにメールを振り分けしてくれる機能です。

基本的に勤務先なら会社のマニュアルなどで推奨されているメールの仕分けルールの設定方法が記載されておりますのでそれに準拠して作成しましょう。

こう言ってしまうとこの記事で振り分け設定について取り上げた意味がなくなってしまいますね (笑)
しかしながらマニュアルにあるないに関わらず絶対にしておくべきだと思う設定を 2 点ご紹介します。

・自分宛フォルダを作成して自分宛のメールが入るようにする
・他の作業をしていても自分宛のメールを受信したことをポップアップで強制的に通知するようにする

私は普段仕事で Outlook 2010 、個人的な仕事では Gmail を使用しております。

私は Outlook を使用するのにあたり必ず自分宛メールを受信するためのフォルダを作成し、自分が宛先に入っていた場合は通知ウィンドウで他の作業をしていても割り込んでポップアップを表示してくれる機能は職場のマニュアルに定義されていなくても必ずこの振り分け設定は行います。

自分宛のメールだけは絶対に見逃さないようにします。

最後にメールの振り分け (仕分け) についても記述しましたが、メールを受信するためのフォルダを複数個作成しても空にしていくようにすると上述の通りメール処理の効率化には良いと私は考えております。

情報整理の基本コンセプト

いつの時代も情報を管理するコツは1つの場所に決めておくことです。
要するに「ワンポケットの法則」です。

アナログな時代ならばこの引き出しにこの資料は保管する!といった単純な方法で簡単に情報を整理できたものですが、現代は様々な機器に情報が氾濫します。
挙げ句の果てにアプリやサービスごとに情報を保管したりして管理しておりますので煩雑極まりないですよね。

代表例
サーバーコンピューター、デスクトップパソコン、ノートパソコン、スマホipadandroid などのタブレット
LINE、FacebookTwitterSkype その他多種多様なアプリなど

文明化して便利になってこの状態、ジレンマですね。

これでは上記の「ワンポケットの法則」の法則では対処できなくなっている状態です。
そこで容易に実行可能な簡単なルールを自分で定めてしまいましょう!

ルール1

作業の流れ3ステップ

1.新情報 (メモ、資料、アイディアなどのデータ) を自分で決めた「受信箱」に一旦保存する。
  すぐに処理が可能なことなその「受信箱で処理し、手間のかかる処理はそれぞれの役割ごとのフォルダに分ける

2.処理が完了したら「保管庫」に移動しておく

ルール2

データの種類別で保管する場所を決める

一例

・メールは全て Outlook で管理する (WEBメールでもどんなメールアドレスも)

・後で確認した情報のメモやノートは Evernote で管理する

・発注、見積もりのファイル、資料は Dropbox で管理する

・予定は Nozbe で管理する Google カレンダーで管理する

・やるべきタスク (ToDo) は Nozbe で管理する

これでかなりスッキリと整理できると思います。

こうしてみると仕事の情報、データは大別してメール、ファイル、メモ、予定、タスクの5種類ですね!

資料などデータはいったんは一箇所に集めてから分別するようにした方が効率的に情報を処理できると思います。


家に出入り口がたくさんあると人も荷物もどこに来たのかわからなくなってめちゃくちゃになりますよね (笑)

まずはこの受信箱で受け取る情報を一元的に確認できるようにしておきましょう。

よくある無駄な作業代表例

今やっている仕事とは別件のメールやファイルが届いた通知が来たけど、後で確認すればいいやと後回しにする。
その結果あの時受け取ったメールやファイルはどこだったけ?と探し回ってしまう。

こういった無駄な作業は省きましょう。

受信箱を効率的に使う分類

1. すぐに処理可能 (5分ほど)
2. すぐには処理できない
3. 処理が要らない
4.
この三つの種類に分類して受信箱は管理しましょう。


そして処理が完了したデータは片っ端から他のところにアーカイブ (保管) していきましょう。

処理に時間がかかってしまう 2 については一つのプロジェクトとしてまとめてしまいましょう。


アーカイブ (保管) して全体のプロジェクトを把握してからかかる時間や労力などを見積もって優先順位を決めて一気に処理してしまいましょう。

例.
請求書作成、提案書作成、飲み会企画、合コン企画などなど

プロジェクトが完了したらそのフォルダごとアーカイブ (保管) してしまいましょう。

3 は速攻でアーカイブ (保管) してしまいましょう

後から使い回すことが確実なファイルやメールなどはアクセスのしやすいデスクトップに保存しておくであったり、
印 (タグ) を付けておきましょう。

印 (タグ) についてはファイル名に※などの記号を入れたり、メールであればフラグをつけるなどすれば良いでしょう。

アーカイブ (保管) した情報などで後から閲覧が必要になった場合は、ざっとアーカイブ (保管) 用のフォルダを目で確認して見当たらないならファイル検索機能を利用しましょう。

このファイル検索機能というのは Windows ならエクスプローラー、Mac なら Finder というものがあり、画面右上に検索ボックスがありますのでプロジェクトの名前を入力して検索することが可能です。※ そのフォルダに大量のフォルダ、ファイルが保存されている場合は検索に時間がかかりすぎてしまうので検索結果の表示が遅くなって来たと感じたらアーカイブ (保管) 用のフォルダは分けましょう。


これはメールにも言えることで、数秒で見つからないならキーワードで検索してみましょう。


ここでご紹介した方法はデジタルでもアナログの現実世界の整理整頓でも応用することができるような内容かと思います。


自分のデスク周りの書類などの情報もこの記事の内容を応用して整理し、ぜひ業務効率化にお役立てください。