言語の習得について(母国語とは)

言語の習得について

母国語とは

母国語というのは様々な定義があります。
もっとも得意としていなくても、全く話せなくても自分の祖国の言語は母国語ですし、幼少期から初めて話せるようになる第一言語のことを指すこともありますし出生した国の言葉を表すのかもしれません。

しかしながら世界には複数の母国語、いわゆるネイティブで複数の言語を操る人間もいます。

このサイトでは筆者の経験を元に、言語の学習についての見解を可能な限り客観的に記述していきたいと思います。

バイリンガルマルチリンガルは可能なのか

自分の子供を英語と日本語のバイリンガルに育てたい、アメリカ人やイギリス人と同じように英語を話せるようになりたい。

このような話は巷ではよく聞く話ですし、海外に駐在や留学などで在住している方でしたら少なからず悩んだり考えたりしたことがあるのではないでしょうか。

ネイティブ水準で複数の言語を使いこなせるようになるのは結論から言うと年齢に関わらず可能です。

賛否両論がありますが、できない理由はないでしょう。
しかしながら日本で生まれ育ちある程度の年齢になると難易度が格段に上がるのは言うまでもありません。

ただ嘘のような話、20歳くらいまで日本語のみで生活していた日本人が自分の名前くらいしか話せなくなっていることもあります。

終戦後、ウクライナに抑留されていた元日本兵の上野 石之助 (うわの いしのすけ) さんは20歳くらいからウクライナウクライナ語のみで生活をしていて日本語が話せなくなっています。
また、16歳から満州に移住したとある日本人女性については終戦後中国人男性と結婚し、80歳を過ぎても中国訛りですが日本語を話してはおりましたが中国語の方が得意なようです。

私の祖母も韓国人ですが、20代半ばには日本に住み韓国人と結婚しておりますが韓国語はほとんど忘却しております。

完全に母国語を遮断し他の言語で生活をしていれば最も得意とするメインランゲージが変わることもあることを実証しています。
現代の世界で家族がいない人間はそう多くはないでしょうし、自国民と一切関わりのない生活をすることもあまりないと考えられます。
つまり自分の母国語を完全に遮断した生活を行えば一番得意な言語を他の英語などの言語に変えることも可能です。

このことからわかるようにやり方次第ではネイティブ水準の言語を複数身に付けることも可能と言うこととなります。

臨界期仮説 (一定の年齢を過ぎると新たな言語習得ができなくなるという仮説) が成立するのか検証してみましょう。
事実上この臨界期という概念は否定することはできません。
脳科学上も年齢が高くなっていくと言語を習得する速度は落ちると言われています。
9歳と言われておりますが上記の事例では当てはまりませんし、これも現代特有の根拠のない噂話程度の通説であると解釈できるでしょう。

そもそもの話ではありますが、子供が言語習得が早い、もう歳だから外国語は難しいというのは意味不明な語学が苦手な大人の言い訳だと思います。
大人の方が人生経験も多く言語を論理的に理解する、会話の中から内容を判断するという部分では大変優れており、子供はそもそも言語が確立もしておらずほぼ母国語と入れ替わりのような状態も多くみられます。

ネイティブ水準で複数の言語を身に付ける意義を考えてみましょう。
外国人と何の支障もなく自然にコミュニケーションを取ることが可能・・・

はっきりと言うとこれ以外大したメリットはなさそうです。
私は米系企業日本支社に勤めておりました。

多くの日本人はアメリカ人水準で英語ができないと仕事ができない、普段の日常会話も英語がメインで社内の書類も全部英語なんだ。
勤めているだけで英語がネイティブ水準であるように捉える人がかなり多いです。

確かに私の在籍していた会社の公用語は英語でした。
かなり高い英語力を求めれる立場の人には外国で生まれ育った人たちばかりでした。
実際は英語か日本語どちらかしかネイティブレベルで使用可能な人間しか基本的にはいませんでした。

鈍っていたり、文法が所々おかしいなどなど・・・

つまりその言語で問題なく業務が遂行できればネイティブ水準でなくとも問題がないと言えます。

よく使う英単語

このブログでは日常生活やビジネスでよく使う英単語や英語表現を私のメモ代わりにまとめています。主に英語でのニュースや記事を読んで出会った実用性の高いであろう英単語や表現をまとめています。


pervy いやらしい
scabby 卑怯な、かさぶたのある
whistle 口笛
horse racing 競馬
chamber 議会、会議所、公式の間、部屋
jerk ばか
impatient せっかち
somber 薄暗い
haste 急ぎ、焦ること
petulant 子供っぽく怒りやすい
tirade 長広舌
modus operandi やり方
aversion 嫌悪
fizzy drink 炭酸飲料
fizzy しゅわしゅわしたもの
pun (on) もじる、ダジャレ
euthanasia 安楽死
I`m wired 興奮した
bull dose ブルドーザー
sting stung stung 虫、植物が人を刺す、気分を悪くさせる、たきつける、欺く、ヒリヒリと痛む、皮肉、詐欺
settee ソファ
bang sudden loud noise
railroad crossing 踏切
upbeat 陽気な
single-handly 独力で
mail order 通販
chalk up メモする、勘定をつける、のせいにする
offset 相殺
assailant,perpetrator 犯人
mud 泥
puddle 水たまり
snowman 雪だるま
snowhut かまくら
the swing ブランコ
inertia 慣性、惰性
law of inertia 慣性の法則
stall 屋台、行き詰まる、失速する
please call again また来てください
flower pot 植木鉢
drop in on (by) 場所
drop in at 人
hypnotize 催眠術をかける、うっとりさせる
cash register レジ
daily products 日用品
groceries 食料品
trolly カート
basket かご
plastic bag 袋
a jar of 〜の瓶
a carton of eggs 
reward card,loyalty card ポイントカード
turnstile, ticket gate 改札
plastic wrap, cling wrap サランラップ
crude oil 原油
homogenous 同質的な
fallacy 誤り
prognosticate 予知する、兆候を見せる
peruse 熟読する
wade into 〜加わる、干渉する、〜に取り掛かる
hallmark 品質証明
interfere 干渉する
Hooray,hurrah 万歳
saturation 飽和
surrongate 代理人、代用物
at a time 同時に
plethora 過多
vintage 古くて価値が高い
disposable income 可処分所得
take the plunge 思い切ったことをする
fine-tune 微調整をする
flagpole 旗棒
tweak ひねる、つねる
acid test 厳密な検査
back to the drawing board 最初からやり直す
scour ゴシゴシ磨く、探し回る
nuke 原子力核兵器、核攻撃する
savior 救世主
thrust 押す
brimming あふれんばかりの
brim 縁、いっぱいに注ぐ
fraught with 危険を伴って
tout 押し売りする
lose one`s shirt 無一文になる
thrust 押す
seasoning 調味料
tuck 挟み込む、押し込む、包み込む、縫いひだ、ぬいあげる
tuck your shirt in.
frigging 忌々しい
whip out さっと取り出す
all over the map いたるところに散らばっている
fall into one`s lap 幸運が舞い込む
under a rock 身を隠して、世間知らずで
at the end of the rainbow 見果てぬ夢
unto 〜の方へ
synthesize 合成する
coalesce 合同する、合体する
clamor 叫び
anthropology 人類学
presiently 先見の明をもって
outfront 率直に、先頭を切って
heir 相続人、遺産
ethical 倫理の
like-minded 同じ志を持った
foothold 足場
triage 順位づけ
detrimental 有害な
accreditation 許可
sapling 苗木、若者
preserverance 忍耐力
in the thick of の最中に
fantasize 空想にふける、に夢を描く
ins and outs 一部始終、裏と表
glamour,glamor 魅力
critique 批判(する)
cavity 虫歯
primal 原始的な
egonocentric 自己中な
sleazy dishonest or immoral
dishonest → not worthy of trust or belief
dispose 配置する、片付ける(of)、物事の成り行きを決める
legit 合法の
go off 逃げる、に飽きる、下手になる、悪くなる、効き目がなくなる、死ぬ
giddy めまいがする、軽薄な
It`s your call あなた次第です。
what if もし〜だったらどうする?
what if there`s traffic jam?
consignment 委託、送り荷
rubble 瓦礫、石クズ
better late than never やらないよりまし
dishonor 自分の名誉を失うこと
disgrace 不名誉、恥辱
blow one`s nose 鼻をかむ
I never want to be involved with them from now on.
これとは今後関わりたくありません。
wind is blowing
continuum 連続体
fossilization 化石、時代遅れになること
paranoid 誇大妄想的な
linear 線状の
tainted 汚染した
dread 恐れる、不安
misery 苦痛、惨めさ
bolt the door 戸締りする
outsmart を出し抜く
devour 貪り読む、食う、聞く、夢中にさせる
edge way = edge wise 斜めに、端の方に
gutter 溝、スラム街
recompense 報いる、償う、報酬、補償
in over one`s head どうして良いのかわからない
I`d rather A than B. BよりむしろAがしたい。
Don`t let it go to your head. 調子にのるな
et cetera (etc)
not a word = keep it secret
burp げっぷ
purview 範囲、権限 (of)
footloose 好きなことができる
joking aside 冗談はさておき
twat バカなやつ、女性陰部
fun police another name of one`s wife,parents
fall into 注ぐ、分類される
complexion 顔色
dimples えくぼ
accolade 栄誉
tanned 日焼けした
dark-skined black
thing of beauty 美しいもの
brunette brown hair
squint both eyes aren`t in the same direction
sloppy メソメソした、薄くて水っぽい、水たまりだらけの
rebuff 素気無く断る(断り)
levy (税)課する、課税、(兵士) 徴収する
back in the day ずっと昔
jaunty 陽気な、はつらつとした
cracking とても、素敵な
bring it on かかってこい
a number of 多くの〜
precipitous 急な、険しい、無謀な
go over one`s head 〜にはチンプンカンプンで
toil 苦労、熱心に取り組む
old ball and chain = One`s wife
最上級 of all 全ての中で最も
one of those things よくあること、仕方のないこと
pass up 機会、取引を逃す、招待を辞退する
flour 小麦粉
all the same 全く同じ、それでも、(to~どうでも良い)
subsistence 生存、ギリギリの生計
polytheistic 多神教
dead-serious 大真面目な
the other party 相方
discourse 論文、講演、語る
precursor 先駆者
subarctic 北極の
mess with~ に関わる、に楯突く、を弄ぶ、危険なことに手をだす、〜をずさんに扱う
stiff 堅苦しい、不屈の、手強い、法外な、ひどい、〜でいっぱいで(with~)
lateral 横の
in that regard その点で
exaggerate 誇張する
News aggregator RSS
left-leaning 左寄り
satire 風刺
ballot 投票
scant 不十分な
environs 郊外
frontline 前線
outright あからさまな
posit 仮定する
sage 賢い、賢人
learning curve 学習曲線
arrow 矢印
parsimonious かなり倹約な
adaptation 翻案
plumbing 配管(工事)
prolly=probably
ornery強情な、下劣な
twerp 馬鹿者
scurvy 下劣な、壊血病
skit 寸劇
flock 群がる、集まる、群れ
sham 模擬の、ごまかし、ペテン師、〜のふりをする。
pluck ぐいと引き抜く、むしり取る(up,out,away)
gray hair 白髪
tot up = sum up
pet peeve = something which irritates someone
without a hitch = without a problem
discern = recognize
preclude を妨げる
peer pressure = social pressure
a sense of purpose 目的意識
that sucks 最悪だね
suck at = bad at
that sucks 最悪だね working sucks
novelty 目新しいもの
hawk 強硬派、詐欺師、咳をする
outlandish = freakishly strange
markedly odd 著しく変

phlegm
sputum
mucus = 鼻水を含む粘液
cough up phlegm
dormant 休止状態になる
early days 時期尚早の
splice つなぎ合わせる、組み継ぎ
portend 〜の前兆になる
dystopian 極めて悪い
piecework 出来高制の仕事、請け負い仕事
time work 時間制の仕事
deport 国外追放にする、振る舞う
secretion 分泌液(物)、隠すこと
abstention 棄権、節制
sinking feeling 虚脱感
pit of stomach みぞおち
second-hand books 中古本
流行り
latest
craze
trend
fad
avid 熱心な
the best ~of all time 歴代最高の
have an eyes for~ を見る目がある
heterosexual 異性愛
discordant 一致しない、耳障りな
caligula effect 禁止されるとやりたくなる
phylogenetic 系統的な
charisma カリスマ
fervor = passion
hype= a narcotics addiction
narcotics 麻薬
streak 筋、調子、傾向、光線、短時間
spring up 現れる、生じる
delusion 惑わし、欺き、迷い、惑い、妄想、思い違い
If you can't beat them, join them. and If you can't lick 'em, join 'em.
長いものには巻かれろ
Lingua franca 共通語
groom
overreach 出し抜く、無理をする
all the rage 大流行している
chivalry 騎士道
reap 刈り取る
monotony 単調さ
stammer どもる、どもり
slur 早口で不明瞭、中傷
click with ウマが合う、成功する
whim 出来心
capricious 気まぐれな
labour=labor
laurel 名誉
nailed it 決まった!
risque わいせつじみた
cautious 用心深い
reminiscent を思わせる、思い出させる
dos and don'ts べし・べからずf集
quantitative 定量的、定量
qualitative 定性的、定性
talk shop 仕事に関することを議論する
interpolate 改ざんする、かきいれる
electromagnetic wave 電磁波
you don't say まさか!
to each his own 人によりますからね
loanword 外来語、借用語
overtime pay 残業代
fixed-point observation 定点観測
pedophile 幼児性愛
harsh 激しい、不快な、厳しい(to)
merciless 無慈悲な
dementia 痴呆、認知症
remnant 名残、面影
agnosticism 不可知論
overhaul 〜を徹底的に点検する、整備する、〜に追いつく、〜を追い抜く
    全体的な見直し、徹底的調査
straggly まとまりのない
faux pas 失策
fray 争い、(神経を)すり減らす、(布など)ボロボロになる
coronation 戴冠式
airy-fairy = insubstantial or impractical
jarring 耳障りな、食い違う
pudgy ずんぐりした
buttress 支持する、強化する
deride バカにする
wardrobe 洋服ダンス、戸棚
cavalcade パレード
cocky 生意気な
prodigy 天才、驚異
thumb one`s nose at をバカにする
enquire=inquire = ask abou
foster home 孤児院、里親家庭

派遣社員として働くとは

派遣社員として働くとは

f:id:yusaw:20170108094157j:plain

 

派遣社員として働く流れをシンプルにご紹介します。

基本的には以下の流れになります。

 

  1. ネットまたは電話で派遣会社の登録会の予約
  2. 派遣会社の登録会に参加する
  3. 派遣会社の仕事紹介担当の人、もしくは営業担当から仕事の紹介の電話がく来るので、そこで給料、場所、仕事内容に興味を持てばそのまま顔合わせ
  4. 職場の人と営業担当を含めて面談して問題なければ就業決定(後日、時給や勤務時間、契約期間などが明記された書類が届きます)
  5. 就業初日は営業担当と職場に向かい仕事スタート

 

よくある不安点を以下にまとめました。

 

派遣会社の登録会って何をするの?

 

・職歴などの情報の登録

・基本的にはどんな仕事が良いかのカウンセリング

・会社によってはスキルチェック (小学生中学年レベルの計算問題、Office(WordExcelPowerPoint)の基礎テスト、漢字などなど)

・これからの就業についての誓約書へのサイン

・身分証の提示

 

持ち物

・免許証やパスポート、保険証などの身分証明書

・印鑑

・筆記用具(あれば良い)

基礎年金番号雇用保険被保険者番号、マイナンバーなどは就業先が決まった際に必要となります。

 

履歴書や職務経歴書は紹介予定派遣、契約社員、正社員など直接雇用を前提とした仕事の紹介を希望しないなら提示する必要がないことがほとんどです。

最終学歴や職歴、資格などは全て派遣会社が持っているホームページの登録者専用のマイページに登録会の際、もしくは事前に登録します (事前にしておくと登録会での所要時間が1時間以上の節約になります)。

 

このマイページは中堅以上の派遣会社の大多数が持っています。

いつでも登録した各種情報はログインして編集することが可能です。

 

 

正社員やアルバイトと違って他者から派遣される派遣社員は職場でどのような扱いを受けるのか。

 

基本的には正社員と変わらないと考えてもよいと思います。人間関係も正社員とそこまで変わらないところが多いので職場によるというのが回答になります。

しかし私の経験、私の周りの多数の派遣社員をしている人間の話からも正社員と多少お金を扱うような秘匿性の高い業務以外は仕事でも人間関係でも変わらないと認識して問題ないと断言できます。

 

契約終了になることってあるの?

 

あります。

しかし外資系であったり上司や同僚とケンカばかりするような特殊なことがない限りあまり聞かないですしないと思います。

IT 業界ですと業界の性質上、派遣社員1つのプロジェクトの費用として計算しており比較的ドライなのかもしれません。

ただIT業界なら契約終了になってもすぐ似たような仕事の紹介が来るので過度の心配は無用です。

 

派遣社員のメリットってなに?

 

派遣社員ならではのメリットはかなり多いです。

・給料が良い(期間で雇用しているのでリスクがあるため給料がその分高く設定されています)

・希望しない業務をしなくてもよい

・気に入らなければすぐに辞めればよい

まだまだメリットはありますが、多くの方に共通するのは上記ではないかと考えられます。

 

デメリット

・雇用が不安定

仕事の案件はたくさんありますが、期間に定めがあるため完全に不安を拭い去ることはできないでしょう。

・転々としすぎると正社員に戻りたい時に経歴がネックになる可能性がある。

派遣社員を使い捨ての駒として扱う職場もありうる。  

 

 

派遣社員から正社員や契約社員になれるのか?

 

実際世界に名だたる大企業でも派遣社員から正社員になることは可能です。

しっかりと実績をその現場で積み上げれば基本的には過去の経歴は関係なく正社員や契約社員になれるでしょう。

むしろ派遣社員から直接雇用を希望する会社も多いです。

 

派遣社員はクレジットカードやローンは組めるの?

 

ほとんどの方は正社員で勤務している人たちと変わらないくらいクレジットカードを持っています。

 

しかし昔ながらの大手企業のエリート社員と比べると制限されます。

当たり前ですが。

 

ローンについては、車やバイクはよほど高級でなければ問題ないと思います。家のローンについてはかなり高い単価で数年雇われているなどでないと厳しいと思います。

しかし、副収入を増やしたり個人事業で何かを始めたりすれば問題ありません。

 

時給は上がるの?

 

上がります。職場でリーダーになったりすれば時給が50100円上がることはよくあることです。大幅に上げるのは厳しいので何百円も上げたいのなら他の現場に移動できるようにしましょう。

 

仕事が多い時期

 

4月や季節の変わり目に案件はかなり多いです。1番は4月ですが。

派遣の契約期間は3ヶ月が多く、丁度季節が変わる頃に人が必要になる現場が多いのでこの辺りも狙い目ですね。

 

逆に8月と2月はお盆休みや人が動く時期の直前でもありますので案件は少ないといえます。

 

単価の高い仕事につく裏ワザ

 

時給や月給が高くていいなーと思うことも多いことだと思います。

 

実は案外実力や経験が足りなくても入り込めます(笑)

 

良い案外は巡り合わせでしかないと覚えておいてください(笑)

 

タイミングが基本全てです、私の知り合いに今まで時給1400円で働いていてほぼ未経験の職種であるITエンジニア職で2500円の仕事が決まった人間がいます(笑) 本当に何も持っていない男でした(笑)

 

資格について

 

未経験の仕事に就きたいならアピールになると思います・・・

 

資格にもよるかと思いますが、例えばTOEICにしても英語で仕事をしていたのか、また実際にできるのか以外全く気にしてない現場がほとんどだと思われます。

 

経歴詐称について

 

派遣社員で働いていて短期で退職した複数の仕事を1つの経歴としてまとめる、特定の職歴を長くするという人が結構います。

 

正直、基本派遣会社も調べないですし発覚することもないと思います。

 

派遣会社によってはこの職歴まとめちゃいましょ!って言う営業担当も多いようです(笑)

 

ただやはり信頼関係の問題ですのでしないようにしましょう。

 

 

契約期間満了前に辞めたくなったら

 

これはもうすぐに営業担当に相談しましょう。

 

基本法律に関係なく23週間前に退職の手続きは問題ないと思います。

 

損害賠償なんてよほど重大な仕事をしていたとかでない限り基本ありえないと思いますしそもそも聞いたことないです。

 

ただマナーとして1ヶ月前には営業に伝えましょう。

 

現場の人には親密度によると思いますが営業に話してから伝えましょう。

 

基本的には営業に連絡すれば問題ありません。

 

どうにも辞めさせてくれないなら遠慮なく労働基準監督所に連絡しましょう!

簡単に退職できますし、働いた分給料も貰えます。

 

 

職場でトラブル

 

営業または派遣会社の相談窓口に連絡しましょう。

 

労働基準監督所でもよいです。

 

例えばクビをほのめかした発言があれば契約期間が残っているなら契約不履行としてその分のお金を貰って退職することも可能です。

 

嫌がらせなどについては、派遣会社に営業にも派遣先にも内緒で相談できる窓口が大手の派遣会社にはありますのでそこで相談してみるのも良いと思います。

しかしながら早期の解決を求めるなら営業に相談しましょう。

 

そこから派遣先の指揮命令者あたりに連絡が入って面談になる、あまりにも悪質なら派遣会社から厳重注意が派遣先に入ると思います。

 

バックレ

 

仕事をすぐに辞めたい、もう行きたくないなどといった気持ちになることはよくあることです。

 

社会通念上、明確な退職の意図も伝えず突然職場に行かなくなるというようなことはありえません。

 

ただパワハラやセクハラなど、モラルに反するようなことも世の中にはあります。

 

そういったことに我慢する必要はありませんので然るべき対処を可能な限り行った上でさっさとばっくれてしまいましょう!

 

問題のある職場に対しては、ばっくれは決して間違った行動ではありません。

 

貸与物の返却、挨拶などの最低限よマナーは守りましょう。

 

貸与物の返却は郵送、退職の挨拶は電話やメールでも良いと思います。

 

短期で転々としていると就業が難しくなる?

 

結論から言いますと、なります。

しかしながらタイミングによって早く採用する人を決めたいという就業先もあれば派遣社員はそういうものだと認識している会社もあります。

基本的には最低でも1年単位で職場を変えるのが無難です。

数ヶ月単位で2、3社を転々としていても致命的というほどではありません。

ただ人によって捉え方も違うため何とも言えません。

 

派遣会社の選び方

 

大手でほとんどの派遣社員として仕事をしている人が登録しているであろう派遣会社は以下となります。

以下から最低でも2社以上は登録しておくことをおすすめします。

理由としては、派遣会社によって単価 (時給、月給) などの勤務条件が異なるからです。

案件が入ってきた時期によっても時給は異なることも多々あります。

例としては、8月には1000円の時給だったのに1200円になっていたなどです、つまり同じ派遣会社から同じ業務内容で同じ派遣先で仕事をしていても、いつ契約したかによって単価が異なっていることもあります。

 

リクルートスタッフィング

テンプスタッフ

アデコ

パソナ

パソナテック

インテリジェンス

マンパワー

スタッフサービス

ランスタッド

 

大手以外の中堅どころについては、賛否両論があります。

大手では持っていない良案件を独占的に持っていることもあるので使わないというのはあまり良い考えではないと思います。

例えば未経験の職種にチャレンジがしないなどの際、中堅派遣会社の方がライバルがいないのでその仕事を紹介してもらえやすくなるかもしれません。

派遣先と密接な関係を持っている可能性も高いので、就業が決まる確率も高まると考えられます。

しかし仕事や職場に対して特定のこだわりがないなら避けた方が無難です。

 

 

副業は禁止なの?

 

禁止しているところとしていないところで恐らく半々くらいだと考えられます。

派遣会社から禁止されている訳ではありませんので、契約書で明示的に禁止されていないなら法的な解釈でも問題ありません。

 

契約終了になったらどうすればいい?

 

基本的には慌てなくても良いと思います。

あなたに著しい問題 (横領、無断欠勤、無断遅刻) など問題があったりすると厳しいですが、すぐに他の仕事の紹介がきますし、他の派遣会社も登録していればどんどん紹介がきますので選り好みしなければすぐに次の仕事が決まると考えて良いと思います。

 

取り敢えず契約終了を伝えられたら失業保険を受給する準備を整えましょう。

 

 

人工知能とは何か

f:id:yusaw:20170102153250j:plain

人工知能とは何か

 

近年になり、人工知能の話題が絶えませんね・・・


ホットな話題にも関わらず明確な人工知能についての定義を持っている方は少ないのではないでしょうか?

 

IT用語はそもそも形而上なことを表していることが多く、人工知能と聞くと映画やアニメなどの影響から現実味のない空想をしている人が多く見受けられます。

 

この記事では人工知能というものを可能な限り具体的かつ論理的に説明し、皆様の中で確固とした定義を持っていただけるよう工夫しました。

 

徹底して客観性を排除するよう心がけておりますが、所々に私の固有の表現等も少なからず混在すると考えております。

 

客観性を完全に含まない説明というのは世の中にいる千差万別の考えを持ち立場を持つ人間にはできないこととしてご了承ください。

 

しかしながら、私自身は日本語による情報からITの知識を身につけ、その思考を発展させていません。英語で欧米の情報がベースとなっていますので通常の日本人が記述した記事より圧倒的に客観的だと自負しております。

 

そもそも世の中に出回っている情報でこの意見が多い、この話題がたくさん上がっているから信憑性が高いといった理解の仕方はその情報の発信元 (人々の意見) の独立性が担保された状態でのみ出来ることです。

 

日本は意見や考え方の多様性が果たして担保されているのでしょうか?
(決して日本語では一切正確な情報が手に入らないと言及はしておりません)

 

もう一点、IT関連技術というのはそもそも形而上な概念であり、具体的に理解をするには該当技術を手元のパソコンなどで再現してもその周辺の技術を自らの手で実際に動作させた経験がないと難しいと思います。

 

理解の度合いとして概念を認識するという姿勢でこの記事をお読みいただければと存じます。


目次
1.人工知能とは
2.人間の仕事が奪われるのか
3.人工知能の今後 (シンギュラリティ)


1.人工知能とは

人工知能とは何か?
まずはこの定義を持たないと先に進みませんね。


人工知能というのは人間の脳と同じように機能、賢く動作できるプログラムのことであると定義して良いと考えられます。

それほど実態は曖昧な概念なのです。

 

ご自身のパソコンに入っているアプリなどのソフトウェアと実体は大きく変わりません。

 

相手が見えない状態であり、その相手と対話などのやりとりをして人間だと思えればそれは人工知能です。

 

これが一般的な人工知能の定義であると認識して一切問題ありません。

この考え方には根拠があります。
現代計算機科学の父と呼ばれるアラン・チューリングの発案してチューリングテストと呼ばれるものが上記の判断方法です。

 

面白い話に、人工知能というと人間よりはるかに知性があり、正確な情報を提供できると期待されておりますが、このチューリングテストで通常の人間がすぐには答えられないような難解な数式による計算が瞬時にできてしまっても人工知能とは呼べないということにもなってしまいます。

 

ややこしいですね (笑)

 

近年発展を遂げている人工知能技術は全て GoogleMicrosoftAmazonIBMといった民間企業によって研究開発が進められておりますので、各社の人工知能の定義等も情報収集をして自身で認識していかないと応用的な人工知能のトピックスにはついていけないでしょう。

 

※計算機科学 (コンピューターサイエンス)
情報処理系の資格試験である基本情報技術者試験などの内容がまさに計算機科学の学問領域に含まれます。

 

2.人間の仕事が奪われるのか

様々な意見が飛び交っている状況ですが、私は一言で人間と人工知能の違いから綺麗にこの論争はまとまると考えております。

 

世の中の個々の物事、例えるなら小売店での人工知能による決済や商品陳列など列挙していくとかなりの論争が始まりますが (笑)

 

単純な繰り返し作業 (ルーチンワーク) については確実に人間の仕事が減っていくでしょう。


しかし人間と人工知能の決定的な違いは以下のポイントです。

 

・人間は「何がしたいか」人工知能は「どう実行するか」を考える


つまり何かを行う際に人間ならこのくらいといった感覚的なものをさじ加減として理解したりすることが可能ですが人工知能には予め与えられた明示的かつ詳細な命令を元にしか行えません。

 

人工知能には感情がない


これは上記のポイントと重複する範囲も含まれますが、独立させるべきでしょう。
人間の感情と直接的に向かいあう仕事は人工知能では代替できないと考えられます。
ここでいう人間の感情とは明確な定義を出すことは極めて困難です。
その業務を担う人がどのような役回りをしているのかにもより変わってくるでしょう。
敢えて明確にするなら心理カウンセラーあたりでしょうか。

 

3.人工知能の今後 (シンギュラリティ)

 

シンギュラリティ (技術的特異点) とは何か?
人工知能が人間の能力を超える出来事と定義されています。
2045年問題とされ、2045年にシンギュラリティが起きると専門家から言われております。

 

これによって何が変わるのでしょうか。

このシンギュラリティで様々な誇大妄想癖のある人々によってその人たちのビジョンを元に発展していくのでしょう。

 

人類文明の変化については人工知能が普及し、最新のテクノロジーによって変化した人間社会を GoogleMicrosoftAmazonIBMなどがブログ、動画を配信していたりするのでそこから想像するのが良いでしょう。