派遣社員として働くとは

派遣社員として働くとは

f:id:yusaw:20170108094157j:plain

 

派遣社員として働く流れをシンプルにご紹介します。

基本的には以下の流れになります。

 

  1. ネットまたは電話で派遣会社の登録会の予約
  2. 派遣会社の登録会に参加する
  3. 派遣会社の仕事紹介担当の人、もしくは営業担当から仕事の紹介の電話がく来るので、そこで給料、場所、仕事内容に興味を持てばそのまま顔合わせ
  4. 職場の人と営業担当を含めて面談して問題なければ就業決定(後日、時給や勤務時間、契約期間などが明記された書類が届きます)
  5. 就業初日は営業担当と職場に向かい仕事スタート

 

よくある不安点を以下にまとめました。

 

派遣会社の登録会って何をするの?

 

・職歴などの情報の登録

・基本的にはどんな仕事が良いかのカウンセリング

・会社によってはスキルチェック (小学生中学年レベルの計算問題、Office(WordExcelPowerPoint)の基礎テスト、漢字などなど)

・これからの就業についての誓約書へのサイン

・身分証の提示

 

持ち物

・免許証やパスポート、保険証などの身分証明書

・印鑑

・筆記用具(あれば良い)

基礎年金番号雇用保険被保険者番号、マイナンバーなどは就業先が決まった際に必要となります。

 

履歴書や職務経歴書は紹介予定派遣、契約社員、正社員など直接雇用を前提とした仕事の紹介を希望しないなら提示する必要がないことがほとんどです。

最終学歴や職歴、資格などは全て派遣会社が持っているホームページの登録者専用のマイページに登録会の際、もしくは事前に登録します (事前にしておくと登録会での所要時間が1時間以上の節約になります)。

 

このマイページは中堅以上の派遣会社の大多数が持っています。

いつでも登録した各種情報はログインして編集することが可能です。

 

 

正社員やアルバイトと違って他者から派遣される派遣社員は職場でどのような扱いを受けるのか。

 

基本的には正社員と変わらないと考えてもよいと思います。人間関係も正社員とそこまで変わらないところが多いので職場によるというのが回答になります。

しかし私の経験、私の周りの多数の派遣社員をしている人間の話からも正社員と多少お金を扱うような秘匿性の高い業務以外は仕事でも人間関係でも変わらないと認識して問題ないと断言できます。

 

契約終了になることってあるの?

 

あります。

しかし外資系であったり上司や同僚とケンカばかりするような特殊なことがない限りあまり聞かないですしないと思います。

IT 業界ですと業界の性質上、派遣社員1つのプロジェクトの費用として計算しており比較的ドライなのかもしれません。

ただIT業界なら契約終了になってもすぐ似たような仕事の紹介が来るので過度の心配は無用です。

 

派遣社員のメリットってなに?

 

派遣社員ならではのメリットはかなり多いです。

・給料が良い(期間で雇用しているのでリスクがあるため給料がその分高く設定されています)

・希望しない業務をしなくてもよい

・気に入らなければすぐに辞めればよい

まだまだメリットはありますが、多くの方に共通するのは上記ではないかと考えられます。

 

デメリット

・雇用が不安定

仕事の案件はたくさんありますが、期間に定めがあるため完全に不安を拭い去ることはできないでしょう。

・転々としすぎると正社員に戻りたい時に経歴がネックになる可能性がある。

派遣社員を使い捨ての駒として扱う職場もありうる。  

 

 

派遣社員から正社員や契約社員になれるのか?

 

実際世界に名だたる大企業でも派遣社員から正社員になることは可能です。

しっかりと実績をその現場で積み上げれば基本的には過去の経歴は関係なく正社員や契約社員になれるでしょう。

むしろ派遣社員から直接雇用を希望する会社も多いです。

 

派遣社員はクレジットカードやローンは組めるの?

 

ほとんどの方は正社員で勤務している人たちと変わらないくらいクレジットカードを持っています。

 

しかし昔ながらの大手企業のエリート社員と比べると制限されます。

当たり前ですが。

 

ローンについては、車やバイクはよほど高級でなければ問題ないと思います。家のローンについてはかなり高い単価で数年雇われているなどでないと厳しいと思います。

しかし、副収入を増やしたり個人事業で何かを始めたりすれば問題ありません。

 

時給は上がるの?

 

上がります。職場でリーダーになったりすれば時給が50100円上がることはよくあることです。大幅に上げるのは厳しいので何百円も上げたいのなら他の現場に移動できるようにしましょう。

 

仕事が多い時期

 

4月や季節の変わり目に案件はかなり多いです。1番は4月ですが。

派遣の契約期間は3ヶ月が多く、丁度季節が変わる頃に人が必要になる現場が多いのでこの辺りも狙い目ですね。

 

逆に8月と2月はお盆休みや人が動く時期の直前でもありますので案件は少ないといえます。

 

単価の高い仕事につく裏ワザ

 

時給や月給が高くていいなーと思うことも多いことだと思います。

 

実は案外実力や経験が足りなくても入り込めます(笑)

 

良い案外は巡り合わせでしかないと覚えておいてください(笑)

 

タイミングが基本全てです、私の知り合いに今まで時給1400円で働いていてほぼ未経験の職種であるITエンジニア職で2500円の仕事が決まった人間がいます(笑) 本当に何も持っていない男でした(笑)

 

資格について

 

未経験の仕事に就きたいならアピールになると思います・・・

 

資格にもよるかと思いますが、例えばTOEICにしても英語で仕事をしていたのか、また実際にできるのか以外全く気にしてない現場がほとんどだと思われます。

 

経歴詐称について

 

派遣社員で働いていて短期で退職した複数の仕事を1つの経歴としてまとめる、特定の職歴を長くするという人が結構います。

 

正直、基本派遣会社も調べないですし発覚することもないと思います。

 

派遣会社によってはこの職歴まとめちゃいましょ!って言う営業担当も多いようです(笑)

 

ただやはり信頼関係の問題ですのでしないようにしましょう。

 

 

契約期間満了前に辞めたくなったら

 

これはもうすぐに営業担当に相談しましょう。

 

基本法律に関係なく23週間前に退職の手続きは問題ないと思います。

 

損害賠償なんてよほど重大な仕事をしていたとかでない限り基本ありえないと思いますしそもそも聞いたことないです。

 

ただマナーとして1ヶ月前には営業に伝えましょう。

 

現場の人には親密度によると思いますが営業に話してから伝えましょう。

 

基本的には営業に連絡すれば問題ありません。

 

どうにも辞めさせてくれないなら遠慮なく労働基準監督所に連絡しましょう!

簡単に退職できますし、働いた分給料も貰えます。

 

 

職場でトラブル

 

営業または派遣会社の相談窓口に連絡しましょう。

 

労働基準監督所でもよいです。

 

例えばクビをほのめかした発言があれば契約期間が残っているなら契約不履行としてその分のお金を貰って退職することも可能です。

 

嫌がらせなどについては、派遣会社に営業にも派遣先にも内緒で相談できる窓口が大手の派遣会社にはありますのでそこで相談してみるのも良いと思います。

しかしながら早期の解決を求めるなら営業に相談しましょう。

 

そこから派遣先の指揮命令者あたりに連絡が入って面談になる、あまりにも悪質なら派遣会社から厳重注意が派遣先に入ると思います。

 

バックレ

 

仕事をすぐに辞めたい、もう行きたくないなどといった気持ちになることはよくあることです。

 

社会通念上、明確な退職の意図も伝えず突然職場に行かなくなるというようなことはありえません。

 

ただパワハラやセクハラなど、モラルに反するようなことも世の中にはあります。

 

そういったことに我慢する必要はありませんので然るべき対処を可能な限り行った上でさっさとばっくれてしまいましょう!

 

問題のある職場に対しては、ばっくれは決して間違った行動ではありません。

 

貸与物の返却、挨拶などの最低限よマナーは守りましょう。

 

貸与物の返却は郵送、退職の挨拶は電話やメールでも良いと思います。

 

短期で転々としていると就業が難しくなる?

 

結論から言いますと、なります。

しかしながらタイミングによって早く採用する人を決めたいという就業先もあれば派遣社員はそういうものだと認識している会社もあります。

基本的には最低でも1年単位で職場を変えるのが無難です。

数ヶ月単位で2、3社を転々としていても致命的というほどではありません。

ただ人によって捉え方も違うため何とも言えません。

 

派遣会社の選び方

 

大手でほとんどの派遣社員として仕事をしている人が登録しているであろう派遣会社は以下となります。

以下から最低でも2社以上は登録しておくことをおすすめします。

理由としては、派遣会社によって単価 (時給、月給) などの勤務条件が異なるからです。

案件が入ってきた時期によっても時給は異なることも多々あります。

例としては、8月には1000円の時給だったのに1200円になっていたなどです、つまり同じ派遣会社から同じ業務内容で同じ派遣先で仕事をしていても、いつ契約したかによって単価が異なっていることもあります。

 

リクルートスタッフィング

テンプスタッフ

アデコ

パソナ

パソナテック

インテリジェンス

マンパワー

スタッフサービス

ランスタッド

 

大手以外の中堅どころについては、賛否両論があります。

大手では持っていない良案件を独占的に持っていることもあるので使わないというのはあまり良い考えではないと思います。

例えば未経験の職種にチャレンジがしないなどの際、中堅派遣会社の方がライバルがいないのでその仕事を紹介してもらえやすくなるかもしれません。

派遣先と密接な関係を持っている可能性も高いので、就業が決まる確率も高まると考えられます。

しかし仕事や職場に対して特定のこだわりがないなら避けた方が無難です。

 

 

副業は禁止なの?

 

禁止しているところとしていないところで恐らく半々くらいだと考えられます。

派遣会社から禁止されている訳ではありませんので、契約書で明示的に禁止されていないなら法的な解釈でも問題ありません。

 

契約終了になったらどうすればいい?

 

基本的には慌てなくても良いと思います。

あなたに著しい問題 (横領、無断欠勤、無断遅刻) など問題があったりすると厳しいですが、すぐに他の仕事の紹介がきますし、他の派遣会社も登録していればどんどん紹介がきますので選り好みしなければすぐに次の仕事が決まると考えて良いと思います。

 

取り敢えず契約終了を伝えられたら失業保険を受給する準備を整えましょう。