ITコンサルタントのつぶやき

このブログでは、私が携わる業務やこれまでの経験や得た知見を記事として発信しております。技術的なコラムからマーケティングや経営、たまに個人的な内容も書きます。

派遣ITエンジニアの働き方パート2

派遣ITエンジニアに求められる能力とは

派遣ITエンジニアの派遣形態に関わらず、求められるスキルセットはインフラエンジニアエンジニアと開発エンジニアで分類できます。

客観的に見て、エンジニア職や営業職等に関わらず基本的なコミュニケーション力や基本的なITリテラシー、要領の良さ、意欲等の総合力が求められ、かつ最重要だと思います。

技術的なスキルは率直に言うとITパスポートや基本情報技術者試験の出題範囲の内のほんの初歩的な知識とMicrosoft office(word、excelpowerpoint)の基本操作の知識があれば若かったり就業先や派遣元の仕事紹介担当との相性次第で有名会社に高待遇で未経験から入れる可能性も高いです。

そこで本記事ではエンジニアとして活躍するのに必要な技術的にスキルに焦点を当てます。

ここではざっくりと求められるスキルを列挙します。

各スキルに関しての詳細な解説をするとキリがない為、別途記事とします。

また、インプはエンジニアはどの現場、プロジェクトでも求められるスキルは似たようなものであり、広ければ広いほど、深ければ深いほど良いとされます。

その逆で、開発系のエンジニアは比較するとプロジェクトや現場により使用する言語やツールが異なる事も多い為、一概にこれがあれば良いとは解説しにくいです。

以下より、パソコンのことをコンピュータと呼びます。

パソコンは素人臭がしてしまい、技術的な会話や文章を記述する上で弊害となることがある為。

インフラエンジニア編
クライアントでの詳細な操作
世の皆さんの多くが手元で使用しているパソコンのことです。
IPアドレスDNSサーバーの設定
・イベントヴューアーでのログの見方
レジストリの概念(パソコンの各設定を記録しているデータベース)
・ipconfigやarpなどのコマンドプロンプトの使用方法
サーバー(Windows Server Linux)
こちらもGUICUIでの基本操作程度でも問題ないかと。
ネットワーク(Cisco)
ストレージ
RAIDの構成の知識、SANやNASへの理解
データベース(MySQLPostgresql)
SQL文の基礎
スクリプト言語の知識(簡単なシェルスクリプトの読み書き)

開発エンジニア編
HTMLとCSSの基本的コーディング
特定のプログラミング言語(オブジェクト指向であるJavaC#など1つと、スクリプト言語であるPHPRUBYなどどれか一つできるのが望ましい)。