ITコンサルタントのつぶやき

このブログでは、私が携わる業務やこれまでの経験や得た知見を記事として発信しております。技術的なコラムからマーケティングや経営、たまに個人的な内容も書きます。

曖昧な日本人の意思疎通

日本人ははっきりと話さない、曖昧な表現が多いという話は良く外国から見た日本としてよく聞く話でしょう。

個人差はあれど、外国語を学ぶ際にも、果ては日本人同士であっても正確な意思疎通を阻む原因となる大きな要因があります。

まず、日本語という言語がどのように曖昧なのか見ていきましょう。

例文
私は渋谷と新宿と六本木、あと横浜も行ってみたいんだよね〜

えーと渋谷と新宿とどこだっけ?

こんな経験はありませんか?

これが英語なら、
I wanna go to shibuya, shinjuku, roppongi and yokohama.

と大変明確です。

このように日本語では名詞の後に動詞が来ており、英語よりも聞き返しが発生する事が多く大変理解し難い特性を持っています。

挙げ句の果てに主語が抜ける事も多く、明瞭性に欠けます。

簡単な会話に一工夫入れないと正確にコミュニケーションが取れない構造となっております。

日本語の複雑性に負けず劣らず、日本ではお互いが近しい関係である事を基準としたコミュニケーションが取られております。

その最大の原因は、結論なしで意思疎通を完結させる事が多いことでしょう。

例えるならば、病欠の連絡を会社にする場合にも、以下のように始める事でしょう。

例文
発熱しており体調が優れない為、本日はお休みさせて下さい。

英語なら、Can I take a dayoff today because I have a fever?

このように原因から話し始めて最後に結論がくる構造となっております。

英語ですと最初に結論から入り、原因の説明はその後となります。

この原因を話す段階で会話が完了する事も日本語では多いのではないでしょうか?

原因や背景の説明で意思疎通が取れるという事は、多くの場合相手の性格や状況の周辺知識があることが前提となります。

単一民族、単一文化の同質化社会、おまけに古くから続く農村文化の強い日本ではこれで意思疎通を取る事が出来ても、欧米のような多様性のある国家では結論無しでは決して意思疎通を取る事は出来ません。

結論なしでの意思疎通がまかり通るという事は、感覚的に近い人間以外との接触を好まない事の裏返しにもなります。

余談ですが、関西の方はオチをしっかり付ける為、話が理解しやすいと思ってます。

都としての歴史が長く、様々な人間の流動性が高かったからでしょう。

結論を付けることは日本人が外国語を学ぶ際に注意すべき事でしょう。