ITコンサルタントのつぶやき

このブログでは、私が携わる業務やこれまでの経験や得た知見を記事として発信しております。技術的なコラムからマーケティングや経営、たまに個人的な内容も書きます。

インフラエンジニアになりたい人(学習の手引き)

これからインフラエンジニアになりたい、インフラ関連の知識を身に付けたい方に最適な学習サイトを紹介したいと思います。


先ず、インフラエンジニアになるのに前提として基本的なネットワークとコンピュータアーキテクチャ(パソコンの仕組み)の基礎知識が必要です。


これがインフラ屋の仕事は無限にの幅があると言われる所以です。

 

コンピューターに関する包括的な知識が必要となる為、欲を言えばアプリの知識であるプログラミングなどの知見も必要となることもあります。


しかしながら先ずは、コンピューターの基本構成の知識を幅広く身に付ける必要があり、そこから派生して専門特化させて行く考え方で問題ないかと。


コンピュータアーキテクチャの理解には、Linuxというコマンドで操作するOSを使用するのが最適です。


WindowsMacはある程度直感的に操作できるようGUIが取り込まれており、コンピュータの仕組みに関する深い理解や知識がなくとも使用することができるが、Linuxはそのように一般向けには作られていないからです。


Ping- Tという無料学習サイトがあります。

こちらは主に、Cisco社が展開しているベンダー資格CCNA及びLinuxの資格として代表的なLPIC1の問題を取り扱っております。


Ping-t

https://ping-t.com


ほとんどのインフラ関連の知識を必要とするIT系企業はPing- Tを研修に利用または、勉強するよう推奨されてます。


ネットワークの知識を基礎から体系的に学びたい場合には、3分間ネットワーキングというサイトが一番おすすめです。

 

対話形式でネットワークとその機器について解説してあり、予備知識無しでもすっと頭に入ると思います。


3分間ネットワーキング

http://www5e.biglobe.ne.jp/aji/3min/


ただ単に資格だけ早く取りたい場合には、クラムメディアがオススメです。

こちらは試験に出題される問題ひ集中的に勉強できるサービスで、有料となります。

手っ取り早く資格を取りたい方には現在においてクラムメディアより優れたサイトはないかと思います。


クラムメディア

https://www.crammedia.com